報酬

当事務所は遺言書作成支援として次のお手伝いをさせていただいております。
これ以外のことも連携して対応できることもございますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

1.相続人調査  3万円(消費税・実費別)~

遺言者には財産を誰にどのように分けるのかを記載します。
そのためには法定相続人を正確に把握しておく必要があります。
遺言者が産まれてから現在までの戸籍謄本を取得し、
法定相続人を特定していきます。
そのための戸籍取得や戸籍調査などのお手伝いをしております。

当事務所では、後の相続トラブルをできる限り少なくしたいという
想いから、この相続人調査は必須とさせていただきます。

2.自筆証書遺言の原案作成 6万円(消費税・実費別)~

自分の遺言内容を話すことはできるけど、文章にできない。
そんな悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。
自筆証書遺言は遺言者自身が手書きで書かないといけないので、
私が代筆することはできませんが、あなたの想いを文章化するお手伝いは
できます。私が文章化したものをベースに自筆証書遺言を作成して下さい。

※単体でのお申し込みはできません。必ず1.とのセットになります。

3.公正証書遺言の原案作成+公証人との打ち合わせ代行 8万円(消費税・実費別)~

自筆証書遺言の原案作成と同様、自分の想いを文章化することが難しい
という方のために公正証書遺言の原案作成をさせていただきます。

公正証書遺言はこの原案をもとに、公証人さんと打ち合わせを行います。
そのため、最後に署名押印をして公正証書遺言が完成するまでに
何度か公証人と打ち合わせをする必要があります。

平日の昼間に公証人さんとやり取りをするのが難しい方が多いこと、
公証人さんと何度も打ち合わせするのは緊張するという方が多いことから
公証人との打ち合わせも代行させていただきます。

※単体でのお申し込みはできません。必ず1.とのセットになります。
 1.と3.を同時にお申し込みいただけば、セット価格10万円(消費税・実費別)~となります。

※公正証書遺言の場合、当事務所への報酬のほかに公証役場で公証人へ支払う報酬も必要になります。
 公証人へ支払う報酬は、遺言の目的となる財産の価額により異なります。
 

4.公正証書遺言の証人2人手配 2万円(消費税・実費別)

公正証書遺言の作成には、遺言者と証人2人が公証人役場へ行き、
署名押印しなければなりません。この証人には未成年者はなることができないほか、
利害関係者もなることができません。また、証人は遺言内容を知る立場のため、
友人や知人にも依頼しづらいと思います。そのため守秘義務があり、利害関係のない
私たち専門家にご依頼いただければ安心だと思います。

▲トップへ戻る